ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 地域福祉・助け合い > 手話言語の普及推進 > 県内の施設で遠隔手話通訳サービスが利用できます!

更新日:2022年1月5日

ここから本文です。

県内の施設で遠隔手話通訳サービスが利用できます!

県内の合同庁舎や県税事務所などの県の出先機関において、お持ちのタブレット型端末やスマートフォンと神奈川県聴覚障害者福祉センターとを結んだテレビ電話機能を活用した手話通訳サービスが利用できます。

また、令和3年12月から、県警察の各警察署(本署)でも利用できます。

  • 利用方法

サービスを利用される方がお持ちのタブレット型端末やスマートフォンに、施設にある二次元バーコードを読み込むことで、サービスを利用できます。(タブレット端末やスマートフォンをご持参ください。施設には機器の設置は原則ありません)

 

  • 利用できる曜日

火曜日から金曜日 (ただし、国民の祝日及び12月29日から1月3日を除く)

 

  • 利用できる時間

午前8時30分から午後5時15分

※一部施設では、異なる場合があります。上記時間内での利用開始・終了時間は各施設の時間に準じます。

 

  • 利用できる施設

  • 県内の合同庁舎、県税事務所などの県の出先機関(県の組織のページで「出先機関」として掲載されている機関(教育委員会のうち、各教育事務所、所管機関は含むが、県公立学校は除く)
  • 運転免許センター、県警の各警察署(本署)、県警察本部などの警察の施設(詳細は県警察の案内のホームページをご確認ください。)

※運転免許センター以外は令和3年12月から利用開始

※遺失物届などの軽微な対応のみ可能

なお、以前タブレット型端末が配備されていた次の施設でもタブレット型端末、スマートフォンをご持参いただければ、引き続きサービスが利用できます。

運転免許試験場、高相合同庁舎、藤沢合同庁舎、厚木合同庁舎、平塚合同庁舎、小田原合同庁舎、かながわ中央消費生活センター、パスポートセンター、パスポートセンター川崎支所、パスポートセンター県央支所

 

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は福祉子どもみらい局 福祉部地域福祉課です。