県内の施設で遠隔手話通訳サービスが利用できます!

掲載日:2021年7月5日

県内の合同庁舎や県税事務所などの施設において、お持ちのタブレット型端末やスマートフォンと神奈川県聴覚障害者福祉センターとを結んだテレビ電話を活用した手話通訳サービスが利用できます。

  • 利用方法

サービスを利用される方がお持ちのタブレット型端末やスマートフォンに、施設にある二次元バーコードを読み込むことで、サービスを利用できます。(施設へのタブレット端末等の設置は原則ありません)

 

  • 利用できる曜日

火曜日から金曜日 (ただし、国民の祝日及び12月29日から1月3日を除く)

 

  • 利用できる時間

午前8時30分から午後5時15分

※一部施設では、異なる場合があります。上記時間内での利用開始・終了時間は各施設の時間に準じます。

 

  • 利用できる施設

県内の合同庁舎、県税事務所など

なお、以前タブレット型端末が配備されていた次の施設でも引き続きサービスが利用できます。

運転免許試験場、高相合同庁舎、藤沢合同庁舎、厚木合同庁舎、平塚合同庁舎、小田原合同庁舎、かながわ中央消費生活センター、パスポートセンター、パスポートセンター川崎支所、パスポートセンター県央支所

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa