障害者雇用や産業現場等における実習受入れを検討されている皆様へ

掲載日:2021年3月31日

企業や事業所等の皆様へ

 このページでは、県立特別支援学校高等部の卒業後の進路に関わる情報及び「産業現場等における実習」(以下、「現場実習」とする。)についての情報を公開しています。「障害者雇用」や「現場実習」の受け入れなどを検討される際にご活用ください。

 なお、お問合わせについては、該当する学校に直接お問合わせいただくか、特別支援教育課教育指導グループ(進路担当者宛)までご連絡ください。

卒業後の進路

 県立特別支援学校高等部生徒の卒業後の進路の一つとして、企業への就職があります。令和元年度の神奈川県内の特別支援学校高等部の生徒の卒業生は1585人おり、491名(約31%)が企業へ就労しており、多くの生徒が卒業後に企業への就労を希望しています。

職業的自立を目指した取組

 県立特別支援学校の職業的自立を目指した取組みとしては、高等部1年次、2年次に校内で企業での作業をイメージした、「作業学習」や実際の現場で体験する「現場実習」を行い、生徒一人ひとりに合った卒業後の進路に向けた取組みを実施しております。「現場実習」等を通して、人や社会にかかわること、働く意義や意欲、自己理解、自己選択、自己決定等、社会的・職業的自立に向けて、働くための基盤となる能力や態度を育てております。

現場実習の受入等

 「現場実習」は、企業や事業所等の皆様に、ご理解とご協力をいただき、実際の職場などで実習を行っております。この「現場実習」を通して、実習先と本人・保護者の相互理解が図れることで、卒業後の進路に繋がります。

 企業や事業所等の皆様におかれましては、この趣旨をご理解いただき、生徒の現場実習等の受入れにご協力いただければ幸いです。

参考

 現場実習の理解啓発のため、県教育委員会が作成しているリーフレットです。主な卒業後の進路先や現場実習の概要などについてご確認いただけます。

 神奈川県の設置された特別支援学校の配置図です。現場実習受入れ検討の際にご活用ください。

 神奈川県の設置された特別支援学校のホームページのリンク集です。学校への実習の相談など、ご連絡の際にご活用ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。