虐待のサインを見つけるには

掲載日:2021年6月10日
虐待のサインを見つけるには
「虐待」のサインを見つけてください。

子ども虐待は隠されていることがほとんどです。虐待している保護者はもちろん、虐待されている子どもも自ら助けを求めることはなかなかできません。潜在化している虐待をくい止めるためには、周囲の皆さんの“気づき”がとても大切です。

子ども虐待の早期発見(虐待の兆候や要因になりそうな項目)

子どもの様子

身体的な変化

・不自然な傷や同じような傷が多い

・原因のはっきりしないケガをしている

・治療していない傷がある

・極端な栄養障害や発達の遅れがみられる(低身長・低体重)

表情

・表情や反応が乏しく活気がない(無表情)

・ボーっとしている

・おびえた泣きかたをする

・養育者と離れると安心した表情になる

行動

・食事に異常な執着を示す

・衣服を脱ぐとき異常な不安を見せる

他者との関わり

・他者とうまく関われない

・繰り返し嘘をつく

・態度がおどおどしている

・親や大人の顔色をうかがう

・誰かれなく大人に対して警戒心がうすい(なれなれしい、ベタベタする)

・保護者が迎えにきても帰りたがらない

・他者との身体接触を以上に怖がる

生活の様子

・衣服や身体がいつも不潔である

・基本的な生活習慣が身についていない

・予防接種や健康診査を受けていない

・年齢不相応の性的な言葉や性的な行為がみられる

・夜遅くまで遊んだり徘徊している

・家に帰りたがらない

保護者の様子

子どもへの関わりかた

・子どもへの態度や言葉が拒否的、無関心である

・子どもの扱いが乱暴である

・子どもに理想を押しつけたり、年齢不相応な要求をする

・体罰の正当化や偏った養育方針(しつけかた)をもっている

・きょうだいに対して差別的である

他者への関わりかた

・他者に対して対立的、否定的な態度をとる

・特に、理由も無く関わりを避けたり、連絡が取りづらい

・説明の内容が曖昧でコロコロ変わる

・子どもに関する他者の意見に被害的・攻撃的になる

生活の様子

・近隣との交流を拒否し孤立している

・不衛生な生活環境である

・小さい子どもを家に置いたままよく外出している

・夫婦関係や経済状態が悪い

・夫婦間の暴力が認められる

保護者自身のこと

・ひどく疲れている

・精神状態が不安定である

・性格的な問題として、被害感が強い、偏った思い込み、衝動的、未成熟など

子ども虐待は「いつでも」「どこでも」「誰にでも」起こりえるものです。

子どもや保護者の些細な変化に「まさか」「そんなはずはない」と見過ごさないで、注意深く見守る視点が早期発見の第一歩となります。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa