相模線の歴史

掲載日:2020年7月31日

相模線の歴史

1921(大正10)年 相模線で採取した砂利の輸送を行うため、「相模鉄道株式会社」が、茅ヶ崎から寒川間、

寒川から川寒川間(貨物線、のちに廃止)で開業

1922(大正11)年 寒川から四之宮間(貨物線、のちに廃止)が開通

1926(大正15)年 寒川から倉見間、倉見から厚木間が開通

1931(昭和  6)年 厚木から橋本間が開通し、茅ヶ崎から橋本間が全通

1944(昭和19)年 国が相模鉄道を買収(運輸通信省鉄道総局の管轄)

1949(昭和24)年 日本国有鉄道が発足

1987(昭和62)年 厚木から入谷間に海老名駅が開業 

日本国有鉄道が民営化され、JR東日本に移管

1991(平成3)年  全線電化、八王子までの直通運転が復活

懐かしの相模線

昭和38年 倉見駅

倉見駅

昭和38年当時 (『寒川町勢ダイジェスト1963』より)

特別列車しらほ

夏季臨時列車・しらほ号

茅ヶ崎-八王子間で運行(昭和45年頃) (高澤一昭氏撮影)

西寒川駅

西寒川駅

日本国有鉄道時代の寒川支線(寒川-西寒川間1.5キロメートル)の終点駅で、昭和59年に廃止 (寒川文書館蔵)

気動車の写真

電化目前の相模線(寒川駅)

電化工事が着々と進む寒川駅を発車する気動車(平成3年頃) (則直泰氏撮影)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa