沿線の観光案内(茅ヶ崎市)

掲載日:2020年7月31日

【名所・旧跡】

【公園・施設等】はこちら

氷室椿庭園☆かながわの花の名所100選

【概要】

広さ2,800平方メートルの庭園には、椿や松、バラなど1,300本におよぶ庭木類が植えられています。椿の種類は200種以上におよび、なかでも「氷室雪月花」は、白や淡桃色の他に紅色の絞りが入った美しい品種です。

【備考】

椿の見頃:2月下旬から4月下旬

【アクセス】

茅ヶ崎駅南口から徒歩20分

神奈中バス:茅ヶ崎駅南口から茅09系統・茅ヶ崎駅南口行き(東海岸循環)または茅37系統・浜見平団地行き(西浜経由)バスにて「東海岸南3丁目」下車 徒歩約5分

コミュニティバス:茅ヶ崎駅南口から「4.恵泉幼稚園前」下車 徒歩約7分

高砂緑地と松籟庵

【概要】

高砂緑地は、明治の有名な新派俳優である川上音二郎の別荘でした。その後は原安三郎氏(元日本火薬・会長)の別荘となりましたが昭和59年に茅ヶ崎市が購入して日本庭園を構えた高砂緑地として昭和59年に開園しました。

また、高砂緑地の日本庭園の一角にある前庭つき茶室・書院が「松籟庵」です。茶室は裏千家の又隠(ゆういん)を、書院は表千家の松風楼を模しており、本格茶道がたしなめます。

【備考】

梅の見頃:2月中旬から3月上旬

【アクセス】

茅ヶ崎駅南口から徒歩約5分

旧相模川橋脚

【概要】

大正12(1923)年9月1日の関東大震災と翌年1月の余震によって、水田に橋杭が出現した全国的にも稀な遺跡です。国指定史跡および国指定天然記念物(液状化現象としては全国初の指定)に指定されています。

【アクセス】

神奈中バス:茅ヶ崎駅北口から茅06系統・平塚駅北口行きバスにて「今宿」下車 徒歩約5分

浄見寺旧和田家

【概要】

「大岡越前」でおなじみの大岡家代々の菩提寺です。一族13代の墓所は市指定史跡、寺林と墓所の脇に立つオハツキイチョウは県指定天然記念物、弁才天坐像は県指定重要文化財です。春は浄見寺山門や浄見寺周辺にも桜が咲き乱れるため、桜の季節が特におすすめです。旧和田家は浄見寺のおとなりに建つ江戸時代の古民家で、民俗資料館として公開されています。

【アクセス】

香川駅から徒歩約20分

コミュニティバス:香川駅から「浄見寺入口」下車 すぐ

このページの先頭に戻る


【公園・施設等】

サザンビーチちがさき

【概要】

正面に「えぼし岩」、「伊豆大島」、東に「江ノ島」、西に「富士山」が望める海水浴場は、毎年7月第1土曜日から8月31日まで開設しています。

また、人気バンドのCDジャケットにもなり、「縁結びの輪」として知られているサザンCは、数多くの撮影が行われる人気スポットです。

【アクセス】

茅ヶ崎駅南口から徒歩約20分

神奈中バス:茅ヶ崎駅南口から茅37系統・浜見平団地行き(西浜経由)バスにて「海水浴場前」下車

コミュニティバス:茅ヶ崎駅南口から「8.サザン通り南」または「9.サザンビーチ入り口」下車

開高健記念館

【概要】

作家開高健は1974(昭和49)年に茅ヶ崎市東海岸南のこの地に移り住み、亡くなるまでここを拠点に活動を展開しました。その業績や人となりにふれていただくことを目的に邸宅を茅ケ崎市開高健記念館として開設。書斎は往時のままに、展示コーナーでは、常設展示と、期間を定めてテーマを設定した企画展示を行っています。

【アクセス】

茅ヶ崎駅南口から徒歩約26分

コミュニティバス:茅ヶ崎駅南口から「開高健記念館」下車すぐ

県立茅ヶ崎里山公園

【概要】

県立茅ヶ崎里山公園が位置する茅ヶ崎市北部から藤沢市西北部にかけての一帯には、たくさんの谷戸が存在し、かつては「九十九谷戸」と呼ばれていました。公園内にある「柳谷(やなぎやと)」もその一つで、谷戸田や畑、雑木林からなる里山の風景が広がっていました。

茅ヶ崎里山公園は、この里山の風景が保全され、たくさんの生き物が生育・生息している面積35.2haの公園です。

「子供の村」と呼ばれるエリアには、伸び伸びと遊ぶことのできる多目的広場や大型すべり台、雲のトランポリンなど、子供が楽しめる施設も整備されています。

また、公園内ではバーベキューを楽しむことができます。

【アクセス】

神奈中バス:茅ヶ崎駅北口から茅50系統・文教大学行き(小出二本松経由)バスにて「芹沢入口」下車 徒歩約5分

中央公園

【概要】

緑と花があふれる公園です。早春には、クロッカス、スイセン・ヒヤシンスなどが咲き、桜の時期にはソメイヨシノ・ヤマザクラが咲き誇ります。

初夏には、香り豊かなテッポウユリ・白ユリやアジサイなど咲き競い、夏には、けやきの木陰で、大滝を見ながら一休みできます。晩秋には、もみじ・けやきが色づき行く人の目を楽しませてくれます。

【アクセス】

茅ヶ崎駅北口から徒歩約5分

海浜自然生態園☆かながわの花の名所100選

【概要】

海浜自然生態園は、砂防林と海岸の環境を模して作られており、飛砂や潮風にさらされる厳しい環境で生育する草や樹木を観察できます。園内には、ボードウォーク、あずまや、見晴らし台等があります。

【備考】

ハマヒルガオの見頃:5月上旬から7月上旬

【アクセス】

神奈中バス:茅ヶ崎駅南口から辻02・辻堂駅南口行き(平和町・辻堂団地入口経由)バスにて「茅ヶ崎学園入口」下車 徒歩約5分

小出川

【概要】

茅ヶ崎市北西部の小出川沿いに、若木を含めた70本ほどの河津桜が花開きます。開花期間中の2月中旬から3月初旬には、小出川桜まつりが開催されます。皆さま、ぜひお越しください。 

このページの先頭に戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa