HIV針刺し事故対応について

掲載日:2021年6月28日
 
トップ 統計資料 HIV相談 HIV検査 陽性者の方 研修会 HIV針刺し事故 関連情報

 

 

HIV針刺し事故時の対応についての情報を掲載しています。

 

 

HIV針刺し事故発生時の対応について

(1)HIVの感染リスクについて

(2)HIV針刺し事故発生時の対応病院について

(3)HIV針刺し事故時の対応について

(4)参考リンク集

(1)HIVの感染リスクについて

針刺し事故等によるHIV汚染血液等に曝露した場合の感染のリスクは、針刺し事故において約0.3%、粘膜の曝露において約0.09%とB 型・C 型肝炎と比較して明らかに低いと考えられています。(B 型肝炎は約40から10%、C 型肝炎は約2%)

また、曝露予防に3剤以上の多剤併用療法(抗HIV療法)が実施されるようになってからは、職業的曝露によるHIV感染はほとんど報告されていません。

例えば、米国では、2010年12月までに医療者の職業的HIV罹患として57例確認されていますが、これらは全て抗HIV薬が導入される前の2000年以前に報告されているものです。こうしたことから、歴史的には曝露後予防内服時の抗HIV療法の有効性が示唆されていると考えられます。

(抗HIV治療ガイドライン(2014年3月版)を参考に作成)

(2)HIV針刺し事故発生時の対応病院について

神奈川県には、曝露予防に多剤併用療法対応を行うことのできる病院が整備されています。

病院により対応の体制が異なります。(アイコンで分けております。)

下のマップをクリックしてExcelファイルを開き、病院のアイコンをクリックすると、各病院の情報が確認できます。

HIV針刺し事故発生時に慌てて対応することのないよう、事前にお近くの病院と手順を確認しておきましょう。

HIV針刺し事故対応病院マップ [Excelファイル/347KB]

HIV針刺し事故対応病院マップ

(3)HIV針刺し事故時の対応について

HIV針刺し事故対応マニュアルを作成しておき、対応方法について事前に確認しておきましょう。

(ページの最後に参考リンクがあります。)

(対応例)

  1. 曝露部分を石けんや流水で十分に洗浄しましょう。
  2. HIV感染成立の可能性を考えましょう(曝露した体液は感染者のものか、傷は深いか等)
  3. 感染可能性が高い場合は、対応病院へ事前に連絡しましょう。
  4. 病院へ向かいましょう。

(4)参考リンク集

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。