指文字(数字)

掲載日:2020年7月1日

動画の説明

数字の指文字を紹介します。

1桁の数字、1から10をまず覚えましょう。

2桁は、1桁の指文字の指先を曲げて表します。50の時は例外で先ほどは横にしましたが縦で50と表します。

3桁、百という指文字は、指先を跳ね上げるように表現します。

4桁、千という指文字は、指文字の「ち」と同じになります。また、漢字で「千」と書く場合もあります。

5桁、万という指文字は、指先でつまむように表します。

最後に数字の応用、54,321を表します。