指文字50音 「あ行」から「な行」

掲載日:2020年7月1日

動画の説明

指文字(50音) 「あ行」から「な行」を紹介します。

「あ」 アルファベットの小文字の「a」の文字からきています。

「い」 アルファベットの「i」からきています。

「う」 アルファベットの「u」からきています。

「え」 アルファベットの「e」からきています。

「お」 アルファベットの「o」からきています。

 

「か」 アルファベットの「k」からきています。

「き」 キツネの「キ」からきています。

「く」 数字の「9」からきています。

「け」 由来が諸説あり、敬礼の「け」からきているとも言われています。

「こ」 カタカナの「コ」からきています。

 

「さ」 アルファベットの「s」からきています。

「し」 自分から見てカタカナの「シ」になるように表します。

「す」 自分から見てカタカナの「ス」になるように表します。

「せ」 中指を立てると「せ」という指文字になります。

「そ」 「それ」というところから由来しています。

 

「た」 アルファベットの「t」からきています。

「ち」 数字の「千」の文字から由来しています。

「つ」 カタカナの「ツ」から由来しています。

「て」 自分の手のひらを前に向けます。

「と」 「あれとそれと」という意味で2本指を立てます。

 

「な」 アルファベットの「n」からきています。

「に」 カタカナの「二」に見えるので「に」です。

「ぬ」 「ぬすっ人」というところからきていて、これは鍵の形になっています。

「ね」 木の根っこを意味しています。

「の」 空中にカタカナの「ノ」と書いて表します。