ホーム > 健康・福祉・子育て > 出産・子育て > 出産・育児 > 11月17日は世界早産児デーです!

更新日:2023年12月1日

ここから本文です。

11月17日は世界早産児デーです!

11月17日の世界早産児デーを紹介するホームページです。

世界早産児デー(WorldPrematurityDay) 11月17日

世界早産児デーは、世界の早産における課題や負担に対する意識を高めるために、2008年にヨーロッパNICU家族会(EFCNI)および提携している家族会によって制定され、2011年から世界的な取り組みとして広がってきています。(参考:日本NICU家族会機構・JOINホームページ(別ウィンドウで開きます)

日本で令和3年度に生まれた赤ちゃんの約6%は、妊娠37週未満で生まれた早産の赤ちゃんです。

また、早産などで、2020年(令和2年)に世界で低体重(2,500グラム未満)で産まれた赤ちゃんの数は、ユニセフ(国連児童基金)などの専門家の分析によれば、出生数全体のおよそ7人に1人にあたる1,980万人以上にのぼるとされています。

神奈川県で、令和3年に低体重で産まれた赤ちゃんは約5,300人で、出生数全体の約9パーセントとなっています。

早産児の家族が安心して子育てできるよう、様々な活動やイベントなどの取組みが行われています。

パープルライト県庁(終了しました。)

  1. 日時:令和5年11月17日(金曜日)17時から19時紫色ライトアップ県庁
  2. 会場:神奈川県庁本庁舎

写真展

ちいさな いのちの写真展(終了しました。)

県立こども医療センターに受診経験のあるお子さんとご家族の入院中のお写真や、最近のお写真を展示とホームページでの掲載をしました。

【神奈川県庁での展示の様子】

県庁での掲示の様子1

 

県庁での掲示の様子2

 

 

 

 

 

 

 

  1. 展示日:令和5年11月16日・17日・20日・21日・22日・24日
  2. 展示場所:神奈川県庁 新庁舎 2階 (最寄り駅:日本大通り駅徒歩2分)
  3. 開庁時間:午前8時半から午後5時15分(平日のみ)
  4. 主催:神奈川県・神奈川県立こども医療センター(共催)
  5. 11月6日から15日まで、外来や入院中の方のために、県立こども医療センター渡り廊下に展示しました。

ポスター(神奈川県)世界早産児デー(PDF:4,110KB)(別ウィンドウで開きます)

 

世界早産児デー写真展~いろんな子と、いろんなこと~(終了しました。)

  1. 主催:かながわリトルベビーサークルpena 後援:神奈川県
  2. 期間:令和5年11月17日(金曜日)から19日(日曜日)午前9時から午後5時(19日は午後4時まで)
  3. 会場:神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ) 2階 展示コーナー
  4. 入場無料

リーフレット(PDF:2,438KB)(別ウィンドウで開きます)

シンボルマーク世界早産児デーシンボルマーク

多様性と思いやりを表す紫色に加えて、靴下が並ぶイラストは、世界早産児デーのシンボルとなっています。9足の赤ちゃん靴下の間にある1足の紫色の小さな靴下は、世界中で10人に1人の赤ちゃんが早産で産まれていることを象徴しています。

(参考:日本NICU家族会機構・JOINホームページ(別ウィンドウで開きます)

紫色のシンボルカラー

世界早産児デーのシンボルカラーである紫色を、アクセサリーや洋服などで身に着ける取組みも行われています。

<取組例>

小さく産まれた赤ちゃんである「低出生体重児」のご家族の方(リトルベビーサークル「pena」)が、「世界早産児デー」を通じて低出生体重児のことを広めていくため活動をされており、知事にシンボルカラーの紫色のリトルベビーリボンとマスクを贈ってくださいました。

知事とリトルベビーリボン


リトルベビーリボンの贈り物


関連リンク

低出生体重児のご家族の方と知事の面談(動画)を公開しました。(別ウィンドウで開きます)

このページに関するお問い合わせ先

健康医療局 保健医療部健康増進課

健康医療局保健医療部健康増進課へのお問い合わせフォーム

母子保健グループ

電話:045-210-4786

内線:4786

ファクシミリ:045-210-8857

このページの所管所属は健康医療局 保健医療部健康増進課です。