第9号(令和4年9月26日発行)

神奈川県衛生研究所

神奈川県 手足口病情報(9)

警報を発令中です!

手足口病は、口の中や手、足などに現れる水疱(水ぶくれ)性の発疹が特徴の急性ウイルス感染症で、主に夏に乳幼児の間で流行します。神奈川県では第31週(8月1日~7日)に「警報レベル(5)」を超えました。今週、第37週(9月12日~9月18日)の神奈川県の定点当たり報告数は4.56人となり、先週(5.03人)から減少しています。警報レベル(5)より減少していますが、終息レベル(2)には至っていません。全国の定点当たり報告数は3.42人となり、先週(3.77人)に比べ減少しています。

飛沫感染、接触感染、経口感染(便中に出たウイルスが口に入って感染)で広がりますので、適切な排泄物の処理、石けんを使った手洗いを心がけて感染を予防しましょう。消毒には次亜塩素酸ナトリウム希釈液が有効です。治療は対症療法のみで、ほとんどは軽症で治りますが、まれに髄膜炎などの合併症を起こす場合があります。頭痛、嘔吐、高熱がみられる場合は、速やかに医師の診察を受けてください。


手足口病の報告数は、小児科定点として定められた医療機関(神奈川県内234ヵ所)からの報告をもとに毎週集計しています。定点当たり報告数とは、その週の報告数を報告医療機関数で割った値であり、1定点医療機関当たりの手足口病の報告数をあらわします。

【神奈川県の年別・週別報告状況】

【保健所別報告数】

第36週(9/5~9/11)   第37週(9/12~9/18)

警報について。警報レベルとは大きな流行が発生または継続しつつあることを示します。手足口病の警報レベルは当該保健所における定点当たり報告数が5以上で始まり、2未満で終息します。

<参考ページ>