指定有効期限を経過した指定票について

掲載日:2020年10月1日

指定有効期限を経過した指定票について

 

 神奈川県営水道では、指定給水装置工事事業者の指定の更新を行った事業者には、新たに更新後の指定票を交付しており、指定番号が「0001」号~「1129」号までの事業者は、令和2年9月29日までに更新を行うこととしています。
 当該対象者で、指定の更新をした事業者には、新たに指定有効期限「令和7年9月29日」を記した更新後の指定票を交付しております。

 このことから、指定番号「0001」号~「1129」号までの有効期限の記載がない従来の指定票については令和2年9月29日をもって無効となります。

 神奈川県営水道の給水区域内で給水装置工事を行う際には、指定票記載の指定番号及び有効期限にご注意ください。

 現在、指定給水装置工事事業者の指定を受けているかについての確認は神奈川県営水道のホームページからご確認頂けます。
 また、指定給水装置工事事業者の指定の更新制度の詳細につきましても、掲載していますのでご参照ください。

指定票

「神奈川県営水道の指定給水装置工事事業者一覧」

 

「指定給水装置工事事業者の指定の更新制度の導入について」

 

 ご不明な点等ございましたら、当課までお問合せください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa