めぐりの森・グループ紹介(1)

掲載日:2019年9月30日

混植・密植方式植樹推進グループ

 

 

s_20181104_tv.png

植樹類型本数52,630本達成

2009年から定期開催している植樹祭へご参加くださったボランティアの皆様のお力添えにより52,630本の植樹を達成できました。誠にありがとうございます!

また、2018/11/4に行われた第15回めぐりの森植樹・育樹祭の様子がテレビに映りました!

 

beyond2020_logo.jpg

累計5万本の植樹本数を達成した第13回めぐりの森第13回湘南国際村めぐりの森植樹・育樹祭から今回までbeyond2020オリンピックイベントオフィスイベントの認証を受けています。

 

title_02.gif

(グループから一言)

混植・密植方式植樹推進グループは、豊かな自然と多世代で多くの人々の笑顔が広がる都市近郊の森づくりを目指しています。
地域に古くから生殖する樹種を力強く成長する混植・密植方式で植樹したり、苗木づくりを障がい者の就労の場として提供するなど、持続的に多くの人々が楽しんでいける森づくりが大切だと考えています。

そこで、混植・密植方式植樹推進グループでは、春と秋の年2回開催する植樹祭や森づくりにつながるライブイベント、企業との森づくりなどを行っています。

ぜひいっしょに、森をつくりながら、笑顔を広げていきませんか。

 

syokujyusai_title02.gif

syokujyusai_image01.jpg

syokujyusai_title03.gif

(公財)地球環境戦略研究機関国際生態学センター長横浜国立大学名誉教授

環境国際賞、ブループラネット賞受賞

世界各国1,700箇所以上、計4,000千万本以上の植樹指導を行う。

 

syokujyusai_image02.jpg

syokujyusai_title04.gif

土地本来の木(潜在自然植生)を中心に樹種を選定 ※1

20種以上の多様な樹種を混ぜることで、病中や風水害に強い

根群の充満したポット苗を密植 ※2

15~20年の短期間で豊かな森を形成

植栽後3年程度で人の手を借りずに成長していく

二酸化炭素固定大(27トン(年間・1当たり)固定)※3

防災機能(土壌崩壊抑制等)が高い ※4

 

※1 この地域の土地本来の木=シイ・タブ・カシ類等の常緑広葉樹

※2 1㎡あたり3本の間隔。一般的には3㎡あり1本程度なので、およそ10倍の密度

※3 常緑広葉樹林の成長量は夏緑広葉樹林や針葉樹林よりも大きいため

※4 土地本来の木は、深根性、直根性で地中にしっかりと根をはり、山崩れを防止

 

group_title.gif

株式会社大川印刷

NPO法人漢方環境安全対策普及協会

NPO法人グリーンパワーファクトリー

株式会社研進

国際ソロプチミスト横須賀

社会福祉法人湘南の凪えいむ

非営利型一般社団法人Silva(シルワ)

社会福祉法人進和学園

株式会社テレビ神奈川

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa