更新日:2021年6月10日

ここから本文です。

地すべり防止

地すべり防止

地すべりは、地質・地下水等が原因で山全体がゆっくり移動する現象です。
地すべりの発生地及びそのおそれのある地域を「地すべり防止区域」に指定し、地下水を排水して滑りにくくしたり杭を打って滑りを止めるなど、災害の防止を図るものです。
神奈川県内には、森林再生課所管の地すべり防止区域が横須賀市に2箇所(久留和・光雲寺)あります。

抑制工(集排水ボーリング工・集水井・流路工・水路工)
地すべりの原因をとり除きます。

抑止工(杭打工・シャフト工・アンカー工)
地すべりを直接抑えます。

 

集水井工

写真集水井工地面に染みこんだ雨水を集めます。

アンカー工

写真アンカー工地面が滑るのを抑えます。

排水ボーリングと水路工

写真排水ホ゛ーリンク゛と水路工地面に染みこんだ雨水を集め、速やかに下流の水路へ流します。

本文ここで終了

このページに関するお問い合わせ先

環境農政局 緑政部森林再生課

環境農政局緑政部森林再生課へのお問い合わせフォーム

基盤整備グループ

電話:045-210-4346

ファクシミリ:045-210-8849

このページの所管所属は環境農政局 緑政部森林再生課です。