2019年全国家計構造調査

掲載日:2019年7月22日

全国家計構造調査とは

「全国家計構造調査」は家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とする調査です。

1959年(昭和34年)以来5年ごとに実施してきた「全国消費実態調査」を全面的に見直して実施するものであり、2019年(令和元年)調査は13回目に当たります。

調査の期間

2019年(令和元年)10月及び11月

調査の対象

全国から無作為に選定した約90,000世帯が対象です。

(神奈川県では約3,700世帯が対象となります。)

調査事項

(1)市町村調査

「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の3種類の調査票により調査します。

(2)都道府県調査(「家計調査」調査対象世帯への追加調査)

「家計調査」にご回答いただいている世帯の皆様に、家計調査世帯特別調査又は個人収支状況調査のいずれかの調査をお願いいたします。

調査方法

調査員が調査書類を世帯に配布し、世帯がオンライン回答又は調査票を提出します。

※世帯にお伺いする調査員は、神奈川県知事が任命しており、調査員証を携行しております。

結果の公表

2020年(令和2年)11月から順次公表する予定です。

調査へのご協力のお願い

全国家計構造調査は、調査世帯の方々のご理解・ご回答によって成り立ちます。

担当の調査員が皆様のお宅を訪問した際には、どうぞ調査にご協力くださるようお願いいたします。

関連リンク

全国家計構造調査の詳細については、総務省統計局の全国家計構造調査のホームページをご覧ください。

総務省統計局のホームページ