平塚保健福祉事務所 医療給付(小児医療援護制度)

掲載日:2018年4月4日

医療費が援助される場合がありますので、ご相談ください。

他の医療給付制度はこちら

小児慢性特定疾病医療費助成制度

平成26年5月に「児童福祉法の一部を改正する法律」が成立し、平成27年1月から新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度が実施されました。
次の14疾病に該当し、一定の認定基準に満たしている方に対して、その治療に係る医療費の一部を助成します(市町村民税(所得割)の課税額に応じて自己負担額あり)。
制度の詳細は、以下のとおりです。

<対象となる方>
対象となる疾病と診断され、児童福祉法に基づく指定を受けた医療機関での入院及び通院医療等を受けている18歳未満(18歳到達時点で引き続き治療が必要と認められる場合は20歳まで継続可能です。) の児童等

<対象となる疾患>
対象となる疾病は国が指定した14疾患群722疾病です。
疾患群は下記の14区分となり、更に詳細な722の疾病名があります。疾病名や疾病の状態について医師にご確認いただくか、小児慢性特定疾病情報センターにも情報が掲載されていますので、ご確認ください。

小児慢性特定疾病情報センター http://www.shouman.jp/

<疾病の区分>
小児慢性特定疾病一覧
14疾患群(722疾病)
01 悪性新生物(白血病、神経芽腫 等)
02 慢性腎疾患群(ネフローゼ症候群 等)
03 慢性呼吸器疾患群(気管支拡張症 等)
04 慢性心疾患群(心室中隔欠損症 等)
05 内分泌疾患群(成長ホルモン分泌不全性低身長症 等)
06 膠原病(若年性特発性関節炎 等)
07 糖尿病(1型糖尿病、その他の糖尿病)
08 先天性代謝異常(糖原病、ウィルソン病 等)
09 血液疾患群(血友病、血小板減少性紫斑病 等)
10 免疫疾患群(後天性免疫不全症候群 等)
11 神経・筋疾患群(ウエスト症候群 等)
12 慢性消化器疾患(胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症 等)
13 染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群(13トリソミー症候群 等)
14 皮膚疾患群(色素性乾皮症 等)
(注)各疾病には一定の対象基準があります。

 給付開始日:保健福祉事務所で申請書を受付けた日(申請受理日) 
 詳しくは小児慢性特定疾病医療費助成制度のホームページ(子ども家庭課のページ)をご覧ください。
 (神奈川県県民局 次世代育成部 子ども家庭課 電話045-210-4674(直通))

療育医療給付

骨関節結核その他の結核にかかっている児童が指定療育機関に入院したとき、専門的な医療の給付をします(所得に応じた自己負担額あり) 。また、この療育生活に必要な日用品と学校教育を受けるのに必要な学習用品の給付をします。

お問合せ

平塚保健福祉事務所 保健福祉課
電話 0463-32-0130 内線 267

 このページの先頭へもどる  

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa