学校生活・就職・国家試験

掲載日:2020年2月13日

学校行事(聖火継承式/撫子(なでしこ)祭・看護の日)実習衣紹介国家試験合格率と卒業後の進路

学校生活

防災訓練

本校では毎年10月中旬に災害に備えて防災訓練を実施しています。今回は看護学生として行動するための災害時の知識を身につけることを目標とし、起震車体験、災害時の手当て・防災グッズ作成、避難所運営ゲームを行いました。

学生2人が起震車に乗って震度7の揺れを体験している写真
起震車体験

学生が段ボールを利用して簡易トイレの作り方を学んでいる様子
簡易トイレ作成

学生がバンダナを利用して応急処置の方法を学んでいる様子
バンダナで応急処置

学生が避難所運営について検討している写真
避難所運営ゲーム

学校行事

聖火継承式

聖火継承式参加者が整列している写真

令和元年10月25日に聖火継承式を行いました。

聖火継承式とは、2年次生が看護の先輩である校長から、ナイチンゲールの灯とともに看護の心を継承する式典です。

校長から学生へ聖火を継承している写真

 

 

 

聖火継承式で校長が学生へ言葉を送っている様子の写真

 

 

 

 

校長から一人ひとりに聖火が継承され、会場は幻想的な雰囲気に包まれます。

全員に灯がわたった後、誓いの言葉が述べられます。

誓いの言葉

私たちは今、看護の道を歩み始めました。

思いやるこころを持ち、寄り添うことで信頼を築き、仲間とともに学び支え合い、看護師を目指していくことをこの灯(ともしび)に誓います。

聖火を継承することで、看護師を目指す気持ちを高め、看護の道を歩み続けていきます。

撫子(なでしこ)祭・看護の日(7月)

日時令和元年7月26日(金曜日)10時30分から15時(令和元年度は終了しました)

場所平塚看護大学校(平塚市諏訪町20-12)

令和元年撫子祭のポスター

令和元年7月26日(金曜日)に実施した撫子(なでしこ)祭の様子を紹介いたします。

(1)教職員による進路相談会・在校生による「語ろう会」

受験生を対象に、入試や学校生活について教職員や在校生が質問にお答えするコーナーです。

個別相談会の様子

語ろう会相談の様子

やっぱり皆さんが気になるのは入学試験や学校生活。在校生の入試体験談は特に熱心に聞いていただいたようです。

(2)学生による看護技術のデモンストレーション

学内の演習で学生が使っている物品展示、ベッドメイキングや車椅子体験、応急処置等のデモンストレーションなどを看護実習室で実施しました。

学生が来場者にAEDを使って応急処置の方法を教えている写真

応急処置

来場者が車椅子体験をして学生が車椅子を押している写真

車椅子体験

来場者が重りをつけ妊婦体験をしている写真

妊婦体験

来場者が学生に血圧を測ってもらっている写真

血圧測定

来場者が学生に沐浴を教えてもらっている写真

沐浴体験

来場者が学生にベッドのシーツ交換を教えてもらっている写真

ベッドメイキング

来場者に患者用人形を使って病室での看護体験をしている写真

病室にて看護の様子

学生がユニフォームを着て受付している写真

ユニフォーム撮影

(3)模擬店・その他

模擬店は大盛況!お腹いっぱいになるまで食べたり、掘り出し物をget!!

ステージでは、この日のために猛練習を重ねてきたダンスや英語同好会による朗読合唱、軽音楽同好会のバンド演奏などで会場を盛り上げてくれました。「KISS!からの~、それ、ハッピーやん!」と熱い声援を送りました。

実行委員をはじめ、在校生と来校者の皆さんが一体となって学校祭を作り上げてくれました。

受付の様子

調理の様子

古本バザーの様子

バザーの様子

アイス販売の様子

かたろう会受付の様子

演奏の様子

ダンスの様子

軽音楽部集合写真

 

令和元年度も多数の方にご来校いただき、ありがとうございました。

次回も是非お越しください!!

このページの先頭へもどる

実習衣紹介

看護衣紹介写真

平成25年度にデザインを一新。青を基調とした落ち着いたデザインで着心地がいいと評判です。

国家試験合格率と卒業後の進路(平成31年3月31日現在)

卒業年度

平成29年度

平成30年度

卒業生数

71

62

国家試験合格率

100.0% (全国96.3%)

100.0% (全国94.7%)

県内実習病院

38

30

県内県立病院

11

8

県内その他の病院

20

20

県外の病院

0

1

進学

2

3

その他

0

0

国家試験対策

担当の教員が中心となって、計画的な学習支援を行い、合格に向けた実力を着実に養成します。

卒業後の進路

卒業後は県立病院・実習病院・県内の公立病院などに就職するほか、進学(助産師学校養成所)する学生がいます。

主な就職先

  • 地方独立行政法人神奈川県立病院機構(県立足柄上病院、県立循環器呼吸器病センター、県立精神医療センター、県立がんセンター、県立こども医療センターなど)
  • 実習病院(平塚市民病院、平塚共済病院、小田原市立病院、伊勢原協同病院、秦野赤十字病院、愛光病院、曽我病院、済生会湘南平塚病院など)
  • 国公立病院(各市立病院など)
  • 大学病院
  • 私立病院

このページの先頭へもどる


トップページへもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa