急傾斜地崩壊対策事業|川崎治水センター

掲載日:2018年4月23日
急傾斜地崩壊対策事業の画像

急傾斜地崩壊対策事業について

川崎市内には多くの「がけ地」があり、住宅地ががけ地付近にまで及んでいます。このような場所で「がけ崩れ」が発生した場合、人命や人家に多大な被害を及ぼす恐れがあります。
急傾斜地崩壊対策事業は、一定の基準を満たす「がけ地」を、県が区域を指定し、がけの崩壊防止工事を行うことで「がけ崩れ」から尊い人命を守ることを目的とした事業です。

事業の概要

土地の保全、区域の指定について

急傾斜地崩壊対策工事について

市内の指定状況

平成28年11月18日現在102区域の「急傾斜地崩壊危険区域」を指定しています。

急傾斜地崩壊危険区域の指定状況

急傾斜地崩壊危険区域一覧表はこちら [Excelファイル/44KB]

(注意)指定区域内で土地の造成・建物の建築・竹林等の伐採等行う場合は、知事の許可が必要です。許可手続きについては許認可指導班にお問い合わせください。

本文ここで終了

    本文ここまで
    県の重点施策
    • ヘルスケア・ニューフロンティア
    • 未病の改善
    • さがみロボット産業特区
    • 県西地域活性化プロジェクト
    • かながわスマートエネルギー計画
    • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
    • ラグビーワールドカップ2019
    • マグカル
    • ともに生きる