精密加工エンジニアコース

掲載日:2018年8月30日

精密加工エンジニアコース※

実習風景

 自動車、航空機などの輸送機器や精密機器、産業用ロボットなどの産業機械は、工作機械で作られた精密な「機械部品」の集合体です。「機械部品」の製作には、機械加工の技術が必要とされます。
 「精密加工エンジニアコース」では、機械の材料、製図、測定に関する知識も基礎から学び、そのうえで旋盤・フライス盤など手で操作する工作機械から、マシニングセンタと呼ばれるコンピュータ制御の工作機械の操作などの技能を身に付けます。

 

コース概要

分野 工業技術分野
訓練課程/期間 普通/1年
定員(入校時期) 20名(4月)
訓練費用 有料(入校検定料、入校料、授業料)その他に、教科書代、作業服代等の実費についても本人負担になります

※精密加工エンジニアコースは、平成29年度までの機械コースが平成30年度より内容変更に伴い名称変更したものです。

カリキュラムの流れや実習風景などの詳細は、コース案内リーフレット(PDF:1,013KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。