卸売市場について

掲載日:2018年5月1日

 卸売市場は、県民の日常生活に欠かすことのできない生鮮食料品等を安定的かつ迅速に供給するという重要な役割を担っています。県内30カ所の各卸売市場は、日々適正な取引と円滑な流通の確保に努めながら、県民の暮らしの安定に大きく寄与しています。

 近年、生鮮食料品流通の多様化や消費者の「食の安全・安心」に対する意識の高まりなど、卸売市場を取り巻く状況は急激に変化しています。このような状況の中で、卸売市場は生産者と消費者の両サイドのニーズを把握し、迅速に対応していくことが求められています。

 本県では平成28年度に策定した「第10次神奈川県卸売市場整備計画」に基づき、県内卸売市場の適正な配置や経営体質の強化等を推進し、健全な卸売市場運営と、県民への生鮮食料品等の安定的な供給が図られるよう努めています。

神奈川県内の卸売市場の紹介

卸売市場の概要

附属機関等の概要(神奈川県卸売市場審議会)

第10次神奈川県卸売市場整備計画(平成29年1月策定)