ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 農業 > かながわブランドで地産地消!

更新日:2022年6月29日

ここから本文です。

かながわブランドで地産地消!

県と生産者団体で構成する「かながわブランド振興協議会」(以下、協議会)では、統一の生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保するなどの要件を満たしている農林水産物や加工品を「かながわブランド」として登録しています。

かながわブランドとは?

 県と生産者団体で構成する「かながわブランド振興協議会」(以下、協議会)では、統一の生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保するなどの要件を満たしている農林水産物や加工品を「かながわブランド」として登録しています。登録品は、71品目124登録品(令和4年5月現在)あります。
かながわブランド登録品一覧(外部サイト)

かなさんの畑トップページ(外部サイト)

かながわブランド・県産品を買う、食べる

 協議会では、かながわブランド登録品をはじめとした県産品を積極的に取り扱う販売店や飲食店を「かながわブランドサポート店」として登録しています。この他にも、県内には、地場の産品を取り扱う朝市や直売所なども多数あります。ぜひ県産品をお手に取っていただき、楽しんでください。
かながわブランドサポート店一覧(販売店)(外部サイト)
かながわブランドサポート店一覧(飲食店)(外部サイト)
朝市・直売所情報(外部サイト)

かながわブランドキャラバン!

ブランドキャラバンロゴ

 旬のかながわブランドを紹介する催しを、年間を通じてかながわブランドサポート店と連携して実施しています。「知って、食べて、納得。」でおなじみのかながわブランドを、ぜひお楽しみください。

「かなブラ学生特派員」

 応募していただいた高校生に「かなブラ学生特派員」になっていただき、県の地産地消の取組や「かながわブランド」の認知度向上のため、発想力とセンスを生かして、SNSなどを利用した情報発信をお願いしています。

令和3年度の特派員の活動(外部サイトへリンク)

令和2年度の特派員の活動(外部サイトへリンク)

6次産業化の推進

 神奈川県における6次産業化の推進

かながわの観光農園

 県内で収穫体験などができる観光農園の情報です。

地域 市町名
横浜川崎 横浜市川崎市
横須賀三浦 横須賀市三浦市
相模原 相模原市
県央 厚木市海老名市愛川町
湘南 平塚市茅ヶ崎市秦野市伊勢原市大磯町二宮町
県西 小田原市松田町湯河原町

(注記)市町または観光協会のページにリンクし別ウインドウで開きます。

(注記)県内のすべての情報が掲載されているものではありません。また、営業時間等は各農園にご確認願います。

「かながわのグリーンツーリズム」では、いろいろな農業体験をしたり、自然の中で散策を楽しんだりできる施設を紹介しています。

かながわのグリーンツーリズム(別ウィンドウで開きます)

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は環境農政局 農水産部農政課です。