リーフレット、パネル『かながわの水がめ』

掲載日:2018年4月13日

かながわの水がめは、大きくは相模川水系(相模ダム・城山ダム・宮ヶ瀬ダム)と酒匂川水系(三保ダム)に分けられます。

この二つの水系により県内の水需要の9割以上をまかなっており、4つのダムは「かながわの水がめ」として大きな役割を果たしています。

また、ダムの役割はこのような水の確保のほかに、洪水被害の軽減や川の水の安定供給などの機能を持っています。

リーフレット「かながわの水がめ」

 

パネル「相模川と酒匂川」「かながわの水源」「かながわの水がめ」

リーフレット及びパネルは、イベントや関連施設にて配布・展示しております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019