保土ケ谷公園(ほどがやこうえん)

掲載日:2018年8月24日

写真:空から見た保土ケ谷公園 

県立保土ケ谷公園は、県内で最初に誕生した運動公園です。
戦後間もないころに産声をあげて以来、野球場、サッカー場、ラグビー場など次々と運動施設を整備してきました。
競技会の開催日以外は、どなたでも公式フィールドで汗を流すことができますので、対外試合から練習まで気軽にご利用下さい。
また、「スポーツは不得手」という方もおまかせください。梅や桜のお花見が楽しめるほか、音楽や演劇活動の拠点「かながわアートホール」で練習や発表会もできます。
公園の南側、プールや梅園周辺の区域では、平成17年度より市民参加による公園づくりが始まっています。


公園の概要

 
種別 運動公園
開設面積 34.0ヘクタール(都市計画決定面積 34.0ヘクタール)
設置年月日 昭和32年4月9日
所在地

横浜市保土ケ谷区花見台ほか

公共交通機関
  • JR「横浜駅」西口から、「保土ヶ谷駅西口」行きバス30分「保土ヶ谷野球場前」下車
  • JR「保土ケ谷駅」西口から、「横浜駅西口」行きまたは「保土ケ谷駅行き循環」10分「保土ケ谷野球場前」下車
  • 相鉄線「星川駅」又は「和田町駅」から、徒歩15分
主な施設 硬式野球場(収容14,817人)、軟式野球場、少年野球場、テニスコート(9面)、サッカー場(天然芝)、ラグビー場(人工芝)、体育館、プール(屋外)、運動広場(200メートルトラック)、オートテニス、ピクニック広場、梅園、かながわアートホール、噴水広場、植物見本園、駐車場
問い合わせ先
  • 保土ケ谷公園管理事務所:電話045(333)5515/ファックス(045)333-7901
  • かながわアートホール:電話(045)341-7657/ファックス(045)341-7617
    ※許認可及び整備計画等については、横浜川崎治水事務所

名所情報

「かながわの公園50選」

有料施設等

硬式野球場(サーティフォー保土ヶ谷球場)|軟式野球場|少年野球場|テニスコート|サッカー場|ラグビー場|体育館|プール|かながわアートホール

申込み方法等の問い合わせ先

保土ケ谷公園管理事務所:電話(045)331-5321/ファックス(045)340-3901

硬式野球場・軟式野球場・少年野球場・テニスコート・サッカー場・ラグビー場・体育館の利用には、「神奈川県施設予約システム」による事前申込みが必要です。※プールは事前申込み不要
「神奈川県施設予約システム」は、次のいずれかの方法からご利用ください。

インターネット:https://yoyaku.e-kanagawa.lg.jp/Portal/Web/

携帯電話:https://yoyaku.e-kanagawa.lg.jp/Portal/Mobile/

  • 「神奈川県施設予約システム」の利用には、事前に別途利用者登録が必要です。

有料施設では、“障がい者及び介添者(障がい者1名につき1名)の利用料金は無料”となる場合がありますので、お問い合わせください。


公園の関連情報・関連リンク

関連情報 ※整備計画等についてのお問い合わせはこちらから

関連リンク ※イベントや駐車場などの詳細情報はこちらから

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa