座間谷戸山公園(ざまやとやまこうえん)

掲載日:2018年4月4日

写真:座間谷戸山公園里山体験館前 

県立座間谷戸山公園は、都市化の著しい神奈川県、県央地域にあって、残された貴重な谷戸の自然環境保全に対し、地元からの強い要望を受け、「地域の歴史・文化を背景とした里山の貴重な緑や多彩な動植物を保全しながら自然観察が楽しめ、さらに里山の環境を体験できる公園」を目的とし、昭和63年に風致公園として都市計画決定されました。
公園が計画された区域は、里山の風情が残され、まとまりのある樹林地やホタルも生息する湿原地から構成されており、良好な自然環境となっています。これらを保全し、植物や野鳥・昆虫などの自然とふれあい観察のできる「自然生態観察公園(アーバンエコロジーパーク)」として整備されています。なお、本公園は、自然生態観察公園としては、全国に先駆けて整備されました。
また、この公園のもう一つの特色として、運営会議の開催があります。 運営会議では、市民の自然保護団体や野鳥の会、自然観察指導員、大学生など、各方面のボランティアの方々が中心となって、公園の活動方針を協議しており、この会議で協議された方針を基に、「落ち葉かきや池さらい等の里山保全活動」、「四季折々の自然や野鳥を観察する自然観察活動」、さらには田植えから稲刈り、そして収穫までを県民参加で行い、収穫した餅米を使って餅つきを行う「米作り収穫祭」など、恒例となっているイベントを協働して実施しています。


公園の概要

公園の概要

種別 風致公園
開設面積 30.6ヘクタール(都市計画決定面積 32.1ヘクタール)
設置年月日 平成5年4月29日
所在地 座間市入谷三丁目
公共交通機関
  • 小田急線「座間駅」から、徒歩15分
  • 小田急線「相武台前駅」から、徒歩15分
主な施設 パークセンター、里山体験館、湿生生態園、水鳥の池、わきみずの谷、野鳥観察小屋、野鳥の原っぱ、昆虫の森、森の学校、クヌギ・コナラ観察林、シラカシ観察林、スギ・ヒノキ観察林、伝説の丘、駐車場
問い合わせ先 座間谷戸山公園管理事務所:電話(046)257-8388/ファックス(046)257-8533
※許認可及び整備計画等については、厚木土木事務所東部センター
 

公園の関連情報・関連リンク

関連情報

関連リンク ※イベントや駐車場などの詳細情報はこちらから

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa