地域医療構想に関する医療機関向けのお知らせ(通知・各種支援策等)

掲載日:2020年5月11日

医療機関向け地域医療構想関係通知

 地域医療構想に関する神奈川県や国の通知等についてご案内しています。


公的医療機関等2025プラン・2025年に向けた対応方針(民間プラン)関係




国(厚生労働省)からの通知


病床機能転換等に係る地域医療構想調整会議での協議について

公的医療機関等2025プラン・2025年に向けた対応方針について

  • 国の通知(「地域医療構想の進め方について」(平成30年2月7日付け医政地発第0207第1号厚生労働省医政局地域医療計画課長通知))では、地域医療構想調整会議において、各医療機関の2025年に向けた対応方針を協議することを求めています。
  • 神奈川県では、公的医療機関等は「公的医療機関等2025プラン」、それ以外の医療機関は「2025年に向けた対応方針」により、今後の具体的対応方針をご報告いただき、地域医療構想調整会議における協議・情報共有等を進めています。

病床機能の転換等を行う場合について

(注)病床機能とは、医療法施行規則第30条の33の2に定める機能(高度急性期、急性期、回復期、慢性期の4機能)のことを言います。

  • 公的医療機関等は「公的医療機関等2025プラン」、それ以外の医療機関は「2025年に向けた対応方針」に、病床機能の変更の方針等を位置付けてください。
  • プラン・対応方針は随時更新可能です。神奈川県健康医療局保健医療部医療課(地域包括ケアグループ)にご連絡のうえ、変更したプラン・対応方針をご提出ください。
  • ご提出いただいたプラン・対応方針については、地域医療構想調整会議に報告し、協議するほか、地域で開催する全病院等が参加するワーキンググループ・意見交換会等で情報共有します。
  • 特に、直近の病床機能報告において、当該二次保健医療圏で既に過剰とみなされている病床機能への転換を伴う場合は、地域医療構想調整会議における協議が必要となります。転換等は協議で合意を得られた場合に着手してください。
  • 各地域の病床機能の過不足の状況は、次のとおりです。

横浜二次保健医療圏における取扱いについて

  • 横浜二次保健医療圏においては、効率的に議論を行うため、次のとおり取り扱います。

地域医療構想普及啓発セミナー

  • 地域医療構想に定める2025年のあるべき医療提供体制の実現を目指すため、将来の医療需要の変化や、地域の医療機関に求められる役割等について考える機会として、医療関係者等を対象としたセミナーを開催しています。
  • 令和元年度のセミナーは終了いたしました。令和2年度のセミナーについては、日程・内容が決まり次第、ご案内いたします。

病床機能転換等に係る医療機関向け各種支援策

医療機関向け支援策のご案内 

 病床機能転換に係る支援策のほか、健康医療局保健医療部が所管する医療機関を対象とする主な補助金や支援事業、補助金申請の流れなどについてご案内しています。
(平成31年3月26日開催の病床機能転換支援セミナーで配布した資料です)

回復期病床等転換施設整備費補助

 他の病床機能区分から回復期病床等に転換する場合の施設整備費への補助金です。詳細は、こちらの補助金のページからご確認ください。

病床機能転換支援事業

※支援予定数に達したため、令和元年度の受付は終了しました。

病床機能転換支援事業(病床機能転換支援セミナー)

  • 回復期機能(回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟)への転換を検討されている医療機関の方を対象に、検討にあたって押さえておくべきポイントや事例、支援策などをご紹介し、今後の検討の参考としていただくため、下記のとおりセミナーを開催します。
  • セミナー開催予定(令和2年度の予定は詳細が決定次第、お知らせします。)

日時:令和元年10月1日(火曜日)15時00分~16時40分(個別相談 16時50分~)

会場:神奈川県総合医療会館2階 会議室(横浜市中区富士見町3-1)

対象者:病床機能転換に関心をお持ちの医療機関、ご検討の医療機関のご担当者様

テーマ:回復期への転換について

定員:60名(個別相談は、3~4名程度)

受講料:無料

ご案内用チラシ:申込方法等の詳細については、こちらをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。