かながわ消費生活注意・警戒情報第52号(2016年2月8日発行)

掲載日:2018年3月18日

電力の小売全面自由化がスタート!サービスや契約内容をよく確認して契約しましょう 

「電気代が安くなる方法がある。」と電話があったが信用できるのだろうか。

アドバイス

電気料の請求書を見るマキマキちゃん

2016年(平成28年)4月1日以降、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。

 ◆料金や特典に引かれて、契約内容をよく理解しないまま契約すると、思わぬトラブルとなる可能性があります。

「電気代が今よりも安くなる」、「ポイントがつく」などの勧誘を受けた際には、ただ「安い」 からと言ってすぐに契約せず、どのような条件で安くなっているのかをよく確認してください。

契約の内容によっては、契約期間内に解約する場合は解約料が発生したりセット契約の場合は一方の契約を解約するとセット料金が適用されなくなるなど、思わぬ支払いが発生することがあります。

電話や訪問販売などで事業者と契約上のトラブルが生じた場合には、身近な消費生活相談窓口でも相談を受け付けています。

消費生活相談は、消費者ホットライン 局番なし 188 (身近な消費生活相談窓口につながります。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa