かながわ消費生活注意・警戒情報第47号(2015年9月10日発行)

掲載日:2018年3月18日

高齢の母が無料で配られる食料品をもらいに行ったら、高額の健康食品を買わされた! 

近所の空き倉庫に、健康食品の店ができた。無料で食品や日用品をもらえるというので行ってみたら、持病に効くと言われ、高額な健康食品を購入することになってしまったらしい。解約したい。

アドバイス 

 SF商法に集まる人

 商品の無料配布を口実に、高齢者等を会場(空き店舗や団地の一室)に誘い込み、高額な健康食品や、健康器具、ふとんなどを売りつける催眠商法(SF商法)についての相談が寄せられています。

 ◆ 無料の商品をもらって得した気分になったり、店員と親しくなったりして通いつめ、気づいたら大金をつぎこんでいたということが少なくありません。

 ◆ 期間限定の店舗なので、後で解約したいと思っても、業者と連絡がつかないというケースもあります。

 ◆ 「無料」「今だけ」などと勧誘されたり、知り合いに誘われたりしても、安易に契約しないようにしましょう。

 心配なときや困ったときは、身近な消費生活相談窓口へ相談しましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン 局番なし 188 (身近な消費生活相談窓口につながります。)

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる