かながわ消費生活注意・警戒情報第75号『大量・高額!教材販売目的の家庭教師派遣にご注意!』

掲載日:2018年3月18日
 
本当に使うの?

事例

家庭教師派遣の契約の際、授業に使用する学習教材として3年分まとめての購入を勧められたので契約した。しかし、派遣された家庭教師は購入した学習教材を使用していない。話が違うので、解約したい。

 

 

アドバイス

 

 

本当にそんなに必要?

大量・高額な契約は慎重に!

 

家庭教師派遣で使用する教材として3年分、6年分といった大量の学習教材の購入を勧められ契約をしたが、実際には使用していない、といった相談が寄せられています。

一度に大量(長期)、高額な契約を勧誘された時は慎重に対応しましょう。教材を使用中に学習指導要領が変わることもありえます。また、お子さんと教材が合っているかなど、使ってみないとわからないこともあります。

訪問販売で購入した場合はクーリング・オフが可能な場合があります。また、事例のような家庭教師や教材の契約は法律の規制を受け、中途解約時にさまざまな交渉ができるケースがあります。契約書をよく読み、解約等の条件を確認してください。

困ったときは、身近な消費生活相談窓口へ相談しましょう。

 

一度も使ってないのに

もしもし

 

消費生活相談は、消費者ホットライン!

局番なし 188(イヤヤ)

(身近な消費生活相談窓口につながります。)  

 

PDF版はこちらです!裏面も合わせてご覧ください。 [PDFファイル/1.27MB]

注意・警戒情報は紙のチラシも作成しています!

県内NPO法人や老人クラブ等団体、体育館や図書館等、配布のご希望がございましたら、ぜひ下記までご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる