かながわ消費生活注意・警戒情報第65号(ガスの小売全面自由化がスタート!正確な情報を収集し、便乗したトラブルにはご注意を!)

掲載日:2018年3月18日
「今よりガス代が安くなる」「新たに機器を取り付ける必要がある」といった勧誘の電話があったが、信用できるだろうか。

アドバイス

正確な情報を収集しましょう!

2017(平成29)年4月1日から、これまで地域ごとに特定の事業者としか契約できなかった都市ガスの契約について、消費者が複数の事業者や料金メニューの中から自由に選択することが可能となります。

正確な情報を収集し、契約に際しては慎重に判断しましょう。

契約内容をよく確認!

新たな業者と契約する場合は、事業者から契約内容についてよく確認し、納得した上で契約を結びましょう。なお、自由化で新たな機器の購入は必要ありません

経済産業省電力・ガス取引監視等委員会では、相談窓口を設けていますので、不明点があれば相談するようにしましょう。

相談窓口のイメージ

【経済産業省電力・ガス取引監視等委員会 相談窓口】

03-3501-5725

午前9時30分から正午、午後1時から午後6時30分

心配なときや困ったときは、身近な消費生活相談窓口に相談しましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン 局番なし188(身近な消費生活相談窓口につながります。)

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019