かながわ消費生活注意・警戒情報第62号(給湯器の貯湯タンクの転倒にご注意を!!-大きな地震が起きて初めて見つかる設置不良-

掲載日:2018年3月18日

給湯器の貯湯タンクの転倒にご注意を!!-大きな地震が起きて初めて見つかる設置不良-

熊本地震や東日本大震災など、大きな地震の発生後に給湯器の貯湯タンクが転倒したなどの相談が消費生活センターに寄せられています。大きな地震はいつ発生するか分かりませんので、この機会に確認しましょう。

アドバイス

メーカーや設置業者に納得するまで確認を!

現在、給湯器を設置している場合、給湯器の設置がメーカーの設置説明書のとおりになっているかを確認し、設置説明書どおりの工事がなされていなかった場合、設置業者にその旨を伝えて、説明書どおりにしっかり固定してもらうようにしましょう。

当初の工事が設置説明書どおりになされたとしても、年月の経過により固定が緩む可能性もあります。心配な点があれば、設置業者に点検を依頼しましょう。

これから給湯器を設置する場合、設置説明書どおりの工事を行っているかを設置業者とともに確認し、設置時に渡された書類は、その給湯器を使用している間は保管しておきましょう。

その他、設置工事について疑問点がある場合、メーカーや設置業者に納得するまで確認しましょう。

気付く消費者

心配なときや困ったときは、身近な消費生活相談窓口に相談しましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン 局番なし188(身近な消費生活相談窓口につながります。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa