かながわ消費生活注意・警戒情報第61号(春にクリーニングに出したコート。着ようとしたら、変色していた!)

掲載日:2018年3月18日

春にクリーニングに出したコート。着ようとしたら、変色していた!

クリーニングに出して、タンスにしまっておいたコートやジャケットをいざ着ようとしたら、「シミがついていた」「変色していた」「ボタンが取れていた」等の相談が、この時期に見受けられます。

クリーニングに衣類を出すとき、受け取るときは、よく確認を!

衣類は着用、クリーニングする度に徐々に劣化します。

クリーニングに関するトラブルは複数の要素が重なって発生することが多く、

シミがついた衣類

原因や責任の特定が困難です。

クリーニングに出すとき、受け取るときには、必ず衣類の状態を店舗側と一緒によく確認しましょう。

クリーニング業界では、トラブル解決のために、「クリーニング事故賠償基準」を作成していますが、独自の基準を設けている店舗もあります。利用する店舗のルールを確認することも重要です。


※(独)国民生活センターのホームページにクリーニングに出したらシミが付いて帰ってきた」に詳しい解説がありますので
こちらも参考になさってください。

平成28年12月から洗濯表示が変わります!

以下のホームページ([60秒解説]50年ぶりに新しくなる洗濯表示)をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20160804001.html

心配なときはや困ったときは、身近な消費生活相談窓口に相談しましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン 局番なし188(身近な消費生活相談窓口につながります。)

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる