かながわ消費生活注意・警戒情報第97号 災害に便乗した住宅修理トラブルに注意!

掲載日:2019年11月13日

点検に来る男

 

事例

台風の後、屋根の破損が心配になっていた時「無料で点検する」という業者から電話があったので、点検のつもりで来訪を了承した。いきなり屋根にブルーシートをかけられ高額な料金を請求された。

アドバイス

無料点検と⾔って来訪した事業者に⾼額な請求をされても、契約する意思がなければ、安易に書⾯にサインをしたり、お⾦を⽀払ったりしないようにしましょう!

  • 地震、台風等の災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生しています。災害発生地域だけが狙われるとは限りません。十分注意しましょう。
  • 豪雨や台風など自然災害による被害で、住宅の修理等が必要な場合でも、慌てずに複数の事業者から見積もりを取ったり、周囲に相談したりした上で慎重に契約しましょう。
  • 契約後でも、自宅を訪問されたり電話で勧誘を受けたりして契約をした場合は、契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフができます。(契約書面に不備があった場合は8日を超えてもクーリング・オフできることがあります。)
  • わからないことやお困りのことがあれば、最寄りの消費生活センターに相談しましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン!局番なしの188(イヤヤ)。身近な消費生活窓口につながります。

 

 

 

 
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa