かながわ消費生活注意・警戒情報第93号『モバイルバッテリーの充電中の発火事故に注意!』

掲載日:2019年7月17日

 

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーを付属の布製の袋に入れたまま机上で充電し就寝した。真夜中に異音がし、焦げ臭い匂いもしたので、モバイルバッテリーを見たら、白煙が立ち上がり、炎も見えた。

アドバイス

購入の際は必ず「PSEマーク」のある商品を買いましょう!

今年2月1日から、モバイルバッテリーが電気用品安全法の規制対象になりました。中古品を含め、【PSEマーク】が表示されているものでないと販売できません。購入の際は、マークの有無を確認しましょう。

「変な臭いがする」、「熱くなる」、「膨らんでいる」など異常に気付いたら速やかに使用を中止し、メーカーや販売店に連絡しましょう。
リコール対象製品による事故も増えています。メーカー名、品番等をもとに、ネットでリコール情報を積極的に確認しましょう。

おかしいと思ったら、最寄りの消費生活センターに相談しましょう。

 

消費生活相談は、消費者ホットライン 局番なし188(身近な消費生活相談窓口につながります。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa