かながわ消費生活注意・警戒情報第90号『改元に便乗したトラブルにご注意!』

掲載日:2019年4月15日
ニャン吉令和

事例

自宅に「元号の改正による銀行法の改正により、これまでのキャッシュカードが使えなくなる。」という書類が届いた。公的な機関からの書類だと思い込んでしまい、個人情報や暗証番号を記入して返信用の封筒にキャッシュカードを入れて送ってしまった。どうしたらいいのか。

アドバイス

 改元によりキャッシュカードや預金通帳が使えなくなることはありません!

 

  • 実在する社団法人や銀行名を名乗り「改元で法律が変わる」という書類を送ってきて、口座情報や個人情報を記入させ返送させたり、キャッシュカードや暗証番号を送らせる手口が見られます。
  • 事業者団体や銀行などの金融機関が、カードの暗証番号を聞いたり、キャッシュカードや通帳を送るように指示したりすることは一切ありません。突然、電話がかかってきたり、訪問されたり、書類が届いたりしても、慌てないで、絶対に口座番号や暗証番号等を教えたり、キャッシュカードや現金を渡さないでください。
  • おかしいなと思ったら、最寄りの消費生活センターに相談しましょう。

 

消費生活相談は、消費者ホットライン!局番なしの188(イヤヤ)。

身近な消費生活窓口につながります。

消費者ホットライン

 

注意・警戒PDF(PDF:770KB)

注意・警戒一覧へ戻る

 

注意・警戒情報は紙のチラシも作成しています!

県内NPO法人や老人クラブ等団体、体育館や図書館等、配布のご希望がございましたら、下記までご連絡ください。※残部限りの対応となりますので、終了の際はご了承ください。PDFは自由に印刷してご利用いただけます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa