かながわ消費生活注意・警戒情報第86号『冬は特に注意!入浴中の事故に気を付けて!』

掲載日:2018年12月12日
溺れる高齢者

事例

高齢の父が風呂場から戻らないので、不審に思い見に行くと浴槽内で意識を失っていた。口までお湯に浸かっていたため、慌てて引き揚げ救急車を呼んだ。父には持病はなく、前兆などもなかったので大変驚いた。

アドバイス

・脱衣所、浴室を暖めてから入浴!

・湯温は41℃以下!長湯はやめましょう!

 

  • 高齢者の入浴中の事故は、年々増加傾向にあります。11月から3月という冬の時期に多く起こるため、これから寒くなる季節は特に注意が必要です。入浴中の事故は、持病がない場合や、前兆がない場合でも発生する恐れがあります。
  • 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。温度環境が変わることで血圧が急激に上下してしまうため、脱衣所を暖めたり、浴槽のフタを開けておいたりして温度差をなくすことが大切です。
  • お湯の温度は41℃以下にしましょう。湯船に浸かる時間は10分間までに。熱いお湯に入ることや長い入浴は体の負担になります。また、食後や飲酒後すぐの入浴も避けましょう。
  • 入浴前には同居者に一声かけるようにしましょう。なにかあっても早期発見することで、重大な事態を避けられます。

入浴前に一声かけよう

消費生活相談は、消費者ホットライン!局番なしの188(イヤヤ)。

身近な消費生活窓口につながります。

消費者ホットライン

 

PDFはこちら!(PDF:1,059KB)

注意・警戒一覧へ戻る

 

注意・警戒情報は紙のチラシも作成しています!

県内NPO法人や老人クラブ等団体、体育館や図書館等、配布のご希望がございましたら、ぜひ下記までご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる