かながわ消費生活注意・警戒情報第84号『そのタブレット必要ですか?スマホとのセット契約にご注意!』

掲載日:2018年10月17日
そのタブレット、必要ですか?

事例

スマートフォンが便利そうなので、携帯電話から変更しようと店舗へ行った。一番安いプランを希望したところ、今ならタブレットが無料だと案内されたが、契約してみると別途料金がかかり、高額な請求をされてしまった。

アドバイス

契約する前に、契約期間や金額など、

しっかり内容を確認しましょう!

 

  • スマートフォンの契約時に「無料」や「セット」と言って、消費者が不要と断っているのに、タブレット端末やSDカード、光回線や電気など他のサービス、必要以上のデータプラン等を契約させる場合があります。
  • 別になにか勧められた場合は、契約書に署名する前に、この契約でどんな料金がかかるのかしっかり確認し、必要ない契約はその場で断りましょう。いわゆる「二年縛り」など、期間の定めがある料金プランなのかどうか、契約期間や中途解約時の違約金なども確認しましょう。
  • 「スマートフォンの通話を切り忘れて通話料が高額になった」など、スマートフォンの操作方法に関するトラブルも増えています。操作などで困った際の問合せ先についても、購入時に確認しておきましょう。
  • 不安を感じたら、消費生活センターに相談しましょう。

 

二年縛り?セット契約?

 

消費生活相談は、消費者ホットライン!局番なしの188(イヤヤ)。

身近な消費生活窓口につながります。

消費者ホットライン

 

PDFはこちら!(PDF:1,277KB)

注意・警戒一覧へ戻る

 

注意・警戒情報は紙のチラシも作成しています!

県内NPO法人や老人クラブ等団体、体育館や図書館等、配布のご希望がございましたら、ぜひ下記までご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる