かながわ消費生活注意・警戒情報第80号『ショートメッセージでの架空請求に注意!こんな請求、覚えがない・・・』

掲載日:2018年6月13日
本日中に退会手続きを

事例

スマートフォンに、有名大手通販サイトの会社名で「未納料金がある。本日中に連絡なき場合、法的手続きに移行する」という内容のショートメッセージが届いた。まったく身に覚えがない。

アドバイス

絶対に連絡をしない!!
コンビニに行けと指示されても応じない!

 

身に覚えのない場合はすぐに連絡をしない!
「本日中に」「法的手続きに移行」などの文言で慌ててしまい、相手に連絡をしてしまうと、個人情報を聞き出され、その情報をもとにさらに金銭を請求される可能性があります。

慌てずにまず確認!
送り主として、実在する有名企業の名前が使われているケースが多数あります。こうした企業では公式ホームページなどで「ショートメッセージなどで料金請求はしない」と注意喚起をしています。

「コンビニに行け」と指示されたら応じない!
プリペイドカードを購入させ、カード番号をだまし取る場合や「支払番号」を伝えてレジで支払わせるなどの手口があります。

不安に思ったら、消費生活相談窓口へご相談ください。

ショートメールでの請求はいたしません

【PDF版です!裏面も合わせてご覧ください。】(PDF:1,040KB)

 

注意・警戒情報は紙のチラシも作成しています!

県内NPO法人や老人クラブ等団体、体育館や図書館等、配布のご希望がございましたら、ぜひ下記までご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。