ホーム > くらし・安全・環境 > 身近な生活 > 消費生活 > 消費生活相談 > かながわ消費生活注意・警戒情報 > かながわ消費生活注意・警戒情報第129号 副業関連に注意 

更新日:2022年9月9日

ここから本文です。

かながわ消費生活注意・警戒情報第129号 副業関連に注意 

 SNSをきっかけとした「副業関連」の相談が増加しています。本当に信用できる相手なのかを慎重に判断するとともに、「もうかる」等の言葉を、うのみにせず、仕組みや実態が分からなければ契約しないようにしましょう。

 

副業収入が上がらず、悩んでいる人

事例

 SNSで知り合った人から、「もうかる」とアフィリエイト(成果報酬型広告)の副業を勧められ、登録料を支払ったが、仕組みもよく分からないため、解約したい。

アドバイス 

 SNSで知り合った人が本当に信用できる相手なのか慎重に判断しましょう。また、「もうかる」、「損をしない」等の言葉をうのみにせず、仕組みや実態が分からなければ契約しないようにしましょう。

 相談事例以外にも、FXの自動売買ツール等の情報商材を購入したがもうからないなど、SNSをきっかけとした「副業関連」の相談が増加しています。
 

【トラブル防止のポイント】

〇取引内容やリスクが十分に理解できなければ契約しない。
〇情報商材は契約前に中身を確かめることができないので、怪しいと思ったら契約しない。
〇高額な契約を勧誘されたり、話が違うと思ったら、きっぱりと契約を断る。
〇契約のために、クレジットカードの高額決済や借金をしない。

 不安に思ったりトラブルになったら、一人で悩まず、消費生活相談窓口に相談しましょう。

 

消費生活相談は、消費者ホットライン!局番なしの188(いやや!)。

身近な消費生活窓口につながります。

消費者ホットライン188

 

注意・警戒PDF(PDF:1,301KB)

注意・警戒一覧へ戻る

 

注意・警戒情報は紙のチラシも作成しています!

 県内NPO法人や老人クラブ等団体、体育館や図書館等、配布のご希望がございましたら、下記までご連絡ください。※残部限りの対応となりますので、終了の際はご了承ください。PDFは自由に印刷してご利用いただけます。

このページに関するお問い合わせ先

くらし安全防災局 くらし安全部消費生活課

くらし安全防災局くらし安全部消費生活課へのお問い合わせフォーム

相談第二グループ

電話:(045)312-1121(代表)

内線:2660-2661

ファクシミリ:(045)312-3506

このページの所管所属はくらし安全防災局 くらし安全部消費生活課です。