教員免許状の書換申請手続について

掲載日:2019年10月25日

1 申請前に確認していただきたいこと

書換の概要

  • 神奈川県教育委員会又は神奈川県知事から授与された免許状であることを確認してください。
  • 書換には申請後約1か月かかります。その間、免許状の原本は県教育委員会でお預かりします。
  • 氏名の変更及び本籍地が都道府県を越えて変わった場合でも、教員免許状の書換は義務ではありません。免許状に戸籍抄本等を添付すれば本人確認ができます。
  • 過去に更新等を行った際に発行されている更新等証明書の氏名・本籍地は変更されません。

免許状の原本を紛失している場合

  • 希望により書換申請をお受けすることはできますが、免許状の原本を紛失している場合は、教員免許状授与原簿(県教育委員会が保管する台帳)のデータの書換のみとなります(書換後の免許状は交付できません)。この場合は、書換された氏名・本籍地を授与証明書で確認できますので、授与証明請求書等を同封してください。
  • 教員免許状授与原簿のみの書換を行った後、免許状の原本が見つかった場合は、速やかに
    下記申請窓口までご連絡ください。

(申請窓口)

〒231-8509 横浜市中区日本大通33神奈川県住宅供給公社ビル3F
 神奈川県教育委員会 教職員企画課 免許グループ

 (電話)045-210-1111 内線8140、8149、8196

 

2 書換申請の手続

  • 次の表の(1)から(4)を、簡易書留により申請窓口に郵送してください。
  • (1)から(3)は、書換申請をする教員免許状1枚につき1通必要です。
  • 複数の免許状の書換申請を同時に行う場合、(4)は1通で結構です。
番号 必要書類等 備考
(1)

教育職員免許状書換申請書(ワード又はPDF)を印刷して必要事項を記入し、手数料(⇒備考参照)を貼付してください。

  • 手数料は、申請書1枚につき神奈川県収入証紙870円分(過不足ないこと)を申請書の右上に貼付してください
(2)

免許状の原本(書換前のもの)

 
(3)

変更前、変更後の氏名と本籍地が確認できる戸籍抄本等(備考参照)の書類

  • 現職教員の方は、申請書(下部)に学校長の証明があれば、戸籍抄本は不要です。
  • 現職教員以外の方は、戸籍抄本(発行日が3カ月以内で、従前戸籍(じゅうぜんこせき:1つ前の本籍地)が記載されているもの)の添付が必要です。
(4) 返信用封筒
  • 角2号サイズの封筒に、返信先の郵便番号・住所・氏名を記入し、460円切手(概ね免許状3枚まで)を貼付してください。
  • 簡易書留で返送します。申請者の自宅以外を返送先とする場合は、必ず申請者の氏名を宛名に併記してください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。