横浜トヨペット労働組合

掲載日:2021年10月22日

横浜トヨペット労働組合におかれましては、現在の「森林再生パートナー」の前身となる「水源林パートナー制度」のもとで2008年2月1日から長年にわたり、神奈川県の水源林整備へのご支援・ご協力をいただいております。

横浜トヨペット看板写真

現在の協定期間

2018年2月1日から2023年1月31日まで(森林再生パートナー)


森林再生パートナー活動の様子

横浜トヨペット労働組合に知事から感謝状が贈呈されました!(2018年4月10日)


そよ風の森(ネーミングライツ森林)

そよ風の森の位置図(PDF:2,769KB)


標準CO2吸収量

横浜トヨペット労働組合からこれまでにご支援いただいた寄附により実施できる森林整備による標準CO2吸収量(5年間)・・・・・741t-CO2

森林CO2吸収量算定書(PDF:311KB)


過去の実績

パートナー制度におけるこれまでの協定期間

  • 2008年2月1日から2013年1月31日まで
  • 2013年2月1日から2018年1月31日まで

過去のパートナー活動の様子

森林CO2吸収量算定書(2012年度から2017年度)


このページの先頭へもどる

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa