「神奈川県アルコール健康障害対策推進計画」を策定しました

掲載日:2019年2月1日

神奈川県アルコール健康障害対策推進計画について

本県では、アルコール健康障害(※)対策を計画的、総合的に推進していくため、このたび「神奈川県アルコール健康障害対策推進計画」を策定しました。

 平成26年6月「アルコール健康障害対策基本法」が施行され、国において「アルコール健康障害対策推進基本計画」が策定されました。県では、この基本計画を基本としつつ、本県の実情を踏まえ、県民や団体の皆様からいただいた意見を反映させながら、神奈川県アルコール健康障害対策推進協議会でご審議をいただき、このたび「神奈川県アルコール健康障害対策推進計画」を策定しました。

 今後は、この計画に基づき、関係機関と連携し、着実に本県のアルコール健康障害対策を推進していきます。
(※アルコール健康障害とは「アルコール依存症その他の多量の飲酒、未成年者の飲酒、妊婦の飲酒等の不適切な飲酒の影響による心身の健康障害」とのことをいいます。)

1 名称

神奈川県アルコール健康障害対策推進計画

2 計画期間

平成30年度から平成34年度までの5年間

3 全体目標

アルコール健康障害の発生・進行・再発の各段階に応じた切れ目のない取組みを、関係機関と連携し、総合的に進めます。

4 重点目標

特に次の3つを重点目標と定め、取り組みます。

1.飲酒に伴うリスクに関する知識の普及を徹底し、アルコール健康障害の発生を予防

2.アルコール健康障害に対応する相談支援体制や医療体制の充実

3.自助グループや回復施設等の社会復帰施設に関する情報提供の推進

5 計画の本文

神奈川県アルコール健康障害対策推進計画[PDFファイル/1.72MB](PDF:2,017KB)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。