ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 地域福祉・助け合い > バリアフリーの街づくりについて > バリアフリーの事例紹介 > みんなのバリアフリー街づくり条例の適合施設等の整備状況に関するオープンデータについて

更新日:2022年4月21日

ここから本文です。

みんなのバリアフリー街づくり条例の適合施設等の整備状況に関するオープンデータについて

みんなのバリアフリー街づくり条例の適合施設等の整備状況に関するオープンデータについて

みんなのバリアフリー街づくり条例適合施設等の情報提供

適合施設等の一覧

県では、不特定かつ多数の者が利用する施設を公共的施設とし、高齢者や障がい者等が安全かつ快適に利用できるようにするため、みんなのバリアフリー街づくり条例に定める整備基準への遵守を求めています。
そのうち特に公共性が高い施設を指定施設として、指定施設の新築や改築等をする場合は、知事との事前協議を義務付けています。
そして、条例の整備基準に適合した場合は、施設所有者等の請求に基づき、「みんなのバリアフリー街づくり条例適合証」を交付しています。

 次に掲載されている施設は、全項目適合施設、条例第13条ただし書き適用施設及びみんなのトイレを整備した施設の中で、施設所有者等からオープンデータとしての公表の同意が得られたものです。

 

 

このページの所管所属は福祉子どもみらい局 福祉部地域福祉課です。