勇気とやさしさが支えるいのちのリレー 献血

掲載日:2018年4月9日

 血液は酸素を運搬したり、病原菌と戦ったり、出血を止めるなどの働きを担う、人間の生命維持に欠くことのできない組織です。
 血液の病気にかかったり、大けがなどで大量出血した患者さんが生命を保つためには、血液を元にした薬(血液製剤)が必要になります。しかし、現在の科学では、いまだに人工的に血液を造ることができず、血液製剤を作るためには、皆様から献血によっていただいた血液に頼るほかありません。
 献血に対する不安をお持ちの方に安心してご協力いただけるよう、献血についてご案内します。

けんけつちゃん

献血の流れ

「注射が苦手…」「時間がかかりそう」「自分じゃなくても…」―未経験の方の多くが感じている献血のイメージ。
でも献血は、輸血を必要とする患者さんを救う大切なボランティアです。受付
はじめての方にも分かりやすく、献血の流れをご紹介します。
献血の流れ(神奈川県赤十字血液センター)をご覧ください。

献血の基準

献血にご協力いただける方の安全を第一として、国が定めた基準等により、医師が総合的に判断してお願いしています。よろしく
献血の基準(神奈川県赤十字血液センター)をご覧ください。

体調不良、睡眠不足の場合、服薬や飲酒をされている場合は、献血をお断りすることがあります。
また献血の前には5時間以上の睡眠を取り、しっかり朝食を摂ってください。

献血ルーム・献血バスのご案内

よくあるご質問

献血に関する疑問にお答えします。
よくあるご質問(神奈川県赤十字血液センター)をご覧ください。