おさかな図鑑(タチウオ)

掲載日:2020年3月30日

おさかな図鑑メニューへ戻る

タチウオ

分布、生態

 日本周辺から東・南シナ海・朝鮮半島に分布します。
 近年の東京湾では成長が非常に速く、生後1年以内に体重300g以上になることがわかってきています。

神奈川県の漁獲方法

  • 小型底びき網(小型の漁船で海底を網でひく漁法)
  • 遊漁(釣り船)

神奈川県の漁獲状況

 近年、主に東京湾で、シャコやマコガレイなどの過去に豊富に獲れた魚種に代わって、漁獲量が増加傾向にあります。漁業だけでなく、釣り船の主要な対象種としても人気があります。

水産技術センターの取組

 神奈川県の重要な水産資源として、持続的に資源を確保する方法を検討するため、主漁場である東京湾内での餌、成長、産卵などに関する調査を強化しています。

豆知識など

 龍のように長く、銀色のつるつるした細長い体は、まさに「太刀」のように見えますが、まっすぐ立ち泳ぎをする姿から、立魚であるという説もあります。
 漁業の世界では、タチウオの体高(体の幅。背中からお腹まで。)を指で測ります。例えば、「指三本」といえば、ヒトの人差し指、中指、薬指を合わせた幅の分だけ体高があることを表しています。