おさかな図鑑(キンメダイ)

掲載日:2020年3月30日

おさかな図鑑メニューへ戻る

キンメダイ

分布、生態

 日本近海では房総半島、伊豆半島沿岸、伊豆諸島周辺、四国沖、南西諸島周辺に分布しています。水深100m以深の岩礁域に生息しています。産卵期は6~10月で、盛期は7~8月となります。

神奈川県の漁獲方法

  • 底立延縄(そこたてはえなわ)(中心になる1本の幹縄に釣針を付けた枝縄を一定間隔に取り付けた「延縄」を底に立てる状態にして、掛かった魚を獲る漁法)
  • 一本釣り(釣り竿で釣る漁法)

神奈川県の漁獲状況

 太平洋のキンメダイの資源量は、1980年代には高い水準でしたが、1993年を境に急減しました。
キンメダイは数年~十数年周期で例年より多く子供が生き残ることがあり(この群れのことを卓越年級群といいます)、キンメダイの資源はそれにより支えられています。

水産技術センターの取組

 神奈川県の重要な水産資源として、資源調査を実施しています。また、静岡県、千葉県、東京都とともに、禁漁期の設定や小型魚の保護及び操業規制などの資源管理に取り組んでいます。

豆知識など

 キンメダイは、大変寿命が長い魚であることが知られており、少なくとも26歳以上生きるとされています。過去に行われた標識放流による調査では、放流から20年以上経過してから再捕獲された例も多数存在します。