おさかな図鑑(シャコ)

掲載日:2019年12月3日

おさかな図鑑メニューへもどる

シャコシャコは砂や泥の海底に巣穴を作って生活しています。英語の名前はカマキリエビ、鋭いカマでエビ類や貝類を捕まえて食べる、肉食甲殻類です。

春から夏にかけて産卵され、1ケ月ほど浮遊生活を送ったあと、底生生活に移ります。

東京湾では主に小型底びき網によって漁獲され、漁業者の手で加工されて、寿司種として出荷されています。シャコは、以前から漁業者自身の手によって、資源管理が進められています。

Copyright(C)神奈川県水産技術センター

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa