おさかな図鑑(マサバ)

掲載日:2019年12月3日

おさかな図鑑メニューへもどる

 

マサバ皆さんもご存知の通り、マサバは、イワシ、アジ類と並ぶ大衆魚として馴染み深い魚です。神奈川県沿岸では、定置網や釣によって漁獲されていますが、沖合いの伊豆諸島海域では”たもすくい漁”によって漁獲されています。

しかし、マサバ資源の低迷が著しい近年では、漁期中の海況条件等によって不漁となる年も少なくありません。

なお、マサバの本県沿岸への来遊は5月以降にみられますが、特に東京湾内で過ごすものは脂ののりが良く、この様な美味なるサバは、”松輪のさば”としてブランド化されています。また、季節的なマサバの旬としては、1-3月にかけての寒サバ、そして、「秋サバは嫁に食わすな」の言いまわし通り、9-10月のマサバが最も美味です。



Copyright (C) 神奈川県水産技術センター

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa