おさかな図鑑(マコガレイ)

掲載日:2019年12月3日

おさかな図鑑メニューへもどる

マコガレイヒラメ・カレイ類の中で神奈川県で一番獲られるのが、このマコガレイです。イソメやゴカイを主な餌としているため、東京湾のような泥場を好みます。

産卵期は冬で、春先になると浅瀬や干潟で稚魚の姿を見ることができます。

そのため晩から冬にかけて大きな卵巣を持ち、まさに"真子(マコ)ガレイ"の言葉がぴったり。甘辛く煮付けた子持ちガレイは神奈川県を代表するおふくろの味です。しかし本当に美味しいのは夏から秋にかけて、この時期の白く透き通った身はヒラメをはるかに上回る美味しさです

小型底びき網や刺網漁業で重要な対象種として漁獲されていますが、近年漁獲量が減少しており、資源管理が必要な種になってきました。また、人工種苗を放流して資源造成をめざす努力も行われてきています。

写真;横須賀市安浦港に水揚された白化マコガレイ(時にはこんなマコガレイもとれます) 

Copyright(C)神奈川県水産技術センター

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa