おさかな図鑑(マダイ)

掲載日:2019年12月3日

おさかな図鑑メニューへもどる

マダイ味覚、容姿、釣りの醍醐味により、古くから日本人に親しまれている高級魚の代表格です。「海老で鯛を釣る」と言われるとおり、海老は好物ですが、貝、ゴカイ、ヒトデ、カニ等色々なものを餌にしています。

産卵期は3-6月で、マダイ稚魚は体長1cm前後になると、海岸近くの海藻が多く生えている場所に住みつきます。その後、深場と浅場を行き来し、3才ぐらいで成熟し、産卵場となる海域に集まってきます。

神奈川県で昔は100t前後漁獲されていたものが、一時は20-30tと少なくなってしまいましたが、人工的にマダイ稚魚をつくる技術(種苗生産と言います)が開発され、毎年、何十万尾も放流されるようになってから、また、増えてきています。



Copyright(C)神奈川県水産技術センター

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa