未病指標の精緻化と今後の展開

掲載日:2021年6月21日

未病指標の精緻化

 未病指標は、有識者の議論や先行研究の調査等を基に、一定の科学的な根拠を得ながら構築し、2020年3月にマイME-BYOカルテに実装しました。(開発の経緯についてはこちらから)
 2020年4月からは、この「未病指標」の機能をさらに向上させるため、神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーション研究科および神奈川県立がんセンターと連携し、未病指標の実際の測定データを用いた実証事業を行っています。

seichika

今後の展開

 未病指標を活用する主体は個人に限られず、企業や自治体などにおいても様々な活用が期待されます。
  未病指標の活用についてご相談やご不明な点がありましたら、下記、いのち・未来戦略本部室までお気軽にお問い合わせください。

 活用事例はこちらからご参照ください。
   


「未病指標の精緻化」実証事業の実施にあたっては、個人情報保護方針を定め、個人情報を適切に取り扱っています。
未病指標(管理者用)個人情報保護方針(PDF:89KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa