令和元年度 貝毒原因プランクトンモニタリング結果

掲載日:2019年7月10日

貝毒検査の調査地点

図1 貝毒原因プランクトンの調査地点

(岸壁からの採水地点)

 

表1 貝毒原因プランクトンの出現状況(岸壁からの採水地点)(細胞/L)

採取月日 結果判定月日 漁場 種名 Alexandrium spp. Dinophysis fortii Dinophysis acuminata
毒性 麻痺性 下痢性 下痢性
6月26日 6月26日 本牧

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
6月26日 6月26日

表層

(0m)

0 0 100

底層

(2m前後)

0 0 200
6月26日 6月26日 田浦

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
6月26日 6月26日 安浦

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
6月26日 6月26日 走水

表層

(0m)

0 0 100

底層

(2m前後)

0 0 200
6月26日 6月26日 浦賀

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 100
6月26日 6月26日 金田

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
5月22日 5月22日 本牧

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 100
5月22日 5月22日

表層

(0m)

0 0 100

底層

(2m前後)

0 0 100
5月22日 5月22日 田浦

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 100
5月22日 5月22日 安浦

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
5月22日 5月22日 走水

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
5月22日 5月22日 浦賀

表層

(0m)

0 0 200

底層

(2m前後)

0 0 0
5月22日 5月22日 金田

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
4月16日 4月16日 本牧

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 200
4月16日 4月16日

表層

(0m)

0 0 400

底層

(2m前後)

0 0 100
4月16日

4月16日

田浦

表層

(0m)

0 0 100

底層

(2m前後)

0 0 0
4月16日 4月16日 安浦

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
4月16日 4月16日 走水

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
4月16日 4月16日 浦賀

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
4月16日 4月16日 金田

表層

(0m)

0 0 0

底層

(2m前後)

0 0 0
  • 分析機関:神奈川県水産技術センター
  • 本県における麻痺性貝毒の原因プランクトンはAlexandrium属、下痢性貝毒の原因プランクトンはDinophysis fortii及びDinophysis acuminataをいいます。
  • Dinophysis acuminataの出現状況が500,000(細胞/L)以上の場合、貝毒が発生する可能性があります。

 

調査船による採水地点

図2 貝毒原因プランクトンの調査地点

調査船による採水地点)

 

表2 貝毒原因プランクトンの出現状況(調査船による採水地点)(細胞/L)

採取月日 結果判定月日 調査地点 種名 Alexandrium spp. Dinophysis fortii Dinophysis acuminata
毒性 麻痺性 下痢性 下痢性
7月5日 7月8日 27

表層

(0m)

0 0 20

下層

(10m)

0 0 60
7月5日 7月8日 112

表層

(0m)

0 0 80

下層

(10m)

0 0 100
7月5日 7月8日 123

表層

(0m)

0 0 60

下層

(10m)

0 0 40
7月5日 7月8日 129

表層

(0m)

0 0 20

下層

(10m)

0 0 20
7月5日 7月8日 136

表層

(0m)

0 0 0

下層

(10m)

0 0 0
7月5日 7月8日 三崎瀬戸

表層

(0m)

0 0 0

下層

(10m)

- - -
6月4日 6月5日 27

表層

(0m)

0 0

40

下層

(10m)

0 0 220
6月4日 6月5日 112

表層

(0m)

0 0 1,660

下層

(10m)

0 0 40
6月4日 6月5日 123

表層

(0m)

0 0 1,110

下層

(10m)

0 0 420
6月4日 6月5日 129

表層

(0m)

0 0 1,560

下層

(10m)

0 0 400
6月4日 6月5日 136

表層

(0m)

0 0 0

下層

(10m)

0 0 40
6月4日 6月5日 三崎瀬戸

表層

(0m)

0 0 100

下層

(10m)

- - -
5月9日

5月13日

27

表層

(0m)

0 0 0

下層

(10m)

0 0 0
5月9日

5月13日

112

表層

(0m)

0 0 80

下層

(10m)

0 0 60
5月9日

5月13日

123

表層

(0m)

0 0 70

下層

(10m)

0 0 10
5月9日

5月13日

129

表層

(0m)

0 0 0

下層

(10m)

0 0 10
5月9日

5月13日

136

表層

(0m)

0 0 0

下層

(10m)

0 0 0
5月9日

5月13日

三崎瀬戸

表層

(0m)

0 0 0

下層

(10m)

- - -
  • 分析機関:北里大学
  • 本県における麻痺性貝毒の原因プランクトンはAlexandrium属、下痢性貝毒の原因プランクトンはDinophysis fortii及びDinophysis acuminataをいいます。
  • Dinophysis acuminataの出現状況が500,000(細胞/L)以上の場合、貝毒が発生する可能性があります。